花 プレゼントTOP  花束 記念日  お誕生日  お見舞い お悔やみの花 花キューピット はじめての方へ おとどけまでの手順 お支払方 お祝いの花
         お花を長く楽しむには、、

   せっかく頂いたお花ですから、長く楽しみたいもの
   お花のケアをしてかわいがってください
ーお手入れの基本ー
     ◇水は毎日取り替える。
       常に新鮮なお水にとりかえてください。お水を取り替えないとバクテリアが発生して、
         導管が詰まりやすくなります。水を取り替えるときに茎を
2,3センチ水切りするといいですね。
     ◇なるべく低温のところに置く。
        気温が低いと水のいたみも少なく、またお花の呼吸もゆっくりになり、
         エネルギーの消費量が少なくなる分お花の持ちも
違ってきます。
     ◇花びんの水は多めにする。
        大きな花びんにたっぷりの水を入れて飾ってあげてください。水につかる部分の葉は取り除いてください。
        ただし、ガーベラ、ダリアなどは茎が水に弱いので、お水は足元がつかる少しが望ましいです。
       ◇お花の延命剤を利用する。
        お水を取り替えられないときは、市販の延命剤を使用しても花持ちが違います。
ーお花の水揚げ法ー
     ◇水切り法
       水の中で茎を2,3センチ斜めに切る。必ず水中で切ること。空気中で切ると
         切り口に空気の層が出来て、水を吸い上げにくくします。

       もっとも一般的な水揚げ法で、ほとんどのお花は水切りで大丈夫です。
     ◇熱湯法
       湯揚げとも言い、茎を煮立ったお湯に15秒ほどつけてすぐに又みずにつける。ショック療法のひとつ。
         ストック、マーガレット、ランなどに効果的。
     ◇紙包み法
       お花の水が下がって弱ってきた場合に行ってください。
         花をぬらし、ぬれ新聞で包み茎を2,3センチ切り、たっぷりの水に一晩つけておくと
         見違えるほど元気になります。
         バラ、菜の花などに効果的。
     ◇燃焼法
       茎の根元に火をあて、炭になるくらいにしたら、すぐ水につける。熱湯法と同じショック療法で、
         殺菌効果もあります。
       




   花束、フラワーアレンジメントなどの花ギフト、お誕生日祝い、お見舞い、結婚祝い、開店花、お供え用花,などにあなたのメッセージを添えて全国へ配送、宅配します。

           TEL FAX     03−3781−8783
 Eメールアドレス  info@e-hanayoshi.net
 URL        http://www.e-hanayoshi.net