ご来店ありがとうございます♪
贈ってよかった。喜ばれた! リピーターの多い花屋です♪

   

    お悔やみ花 お供えの花       

   

ご注文を頂いたお客様からお礼のメールを頂く場合があります。その中の一例です。

 
A605
会社の同僚の親族の方が亡くなりましたので、同僚は葬儀のため実家へ戻りました。遠方ですので友人一同でお悔やみの花を贈ろうと考え、当ショップにご注文を頂きました。
贈り主の名前をいれてほしいとの希望で
お花にはメッセージと友人達の名前を書きました。
葬儀に列席できなかったですが、弔意は伝わったのでは。

  
サンクスメール
ネットで検索しました。作ったお花の画像を送っていただける事と、
 HPのお花(お供え)の作品が感じよかったので
  おまかせできると思いました。連名で贈るので、画像がみれるのは 助かります。 


  
A1025

いつも当ショップに注文をくださる法人の方でからです。
大切な方へのお供えの花です。
お花の内容はいつも当ショップに「おまかせ」 していただけるので、どんなお花が綺麗か、イメージに合うか、考えを巡らせながらアレンジしました。
柔らかく上品なイメージに仕上がったと思います。
長く飾れるようにと、花持ちの良い花、シンビジュームオンシジュームなどを使用しましたのでオアシスにお水を足してあげればしばらくは飾っておいても大丈夫です

サンクスメール
 いつも本当にステキなアレンジ有難うございます。
黄色が入って引き立ちますね。
全体的に温かく、ほっとする優しい色合いで、
仏様も喜んでいると思います。

有難うございました。御請求書お待ちしています。

冷たい水に触れるお仕事で大変ですが、
お身体に気を付けて、これからもステキなお花をお願いします。
御礼まで。


 
A1028

お供えの花のページに載っているサンプル画像「A695」をみてのご注文です。急なご注文だったので、見本のアレンジに入っているパープル系のトルコキキョウとカラーが揃わなかったので、代わりにりんどうと孔雀草を入れアレンジしました。
サンプル画像に近い仕上がりでお作りしました。
イメージ通りとメールを頂きました♪
 良かった(*^。^*)

サンクスメール
 フラワーショップ ハナヨシ 御中
配送完了の連絡、画像を有り難うございました。
イメージ通りのお供花です。
又、先方より、11時半頃、届いたとの電話ありました。
お世話になりました。
郵便振り替え用紙を郵送して下さるとの事ですので、
届き次第お振り込み致します。
今回、「フラワーショップ ハナヨシ」にして良かったです。
有り難うございました。


 
A886

お供えの花のページに載っているサンプル画像「A886」のご注文です。淡いピンクのシンビジュームを入れてアレンジしてあります。
お悔やみのメッセージをお花につけて出来上がり。
ギフトBOXにアレンジを入れ伝票を貼ります。
「お花のお手入れ方法を書いたリーフとお花の延命剤を入れれば発送完了です。
明日には贈り主様に届きます♪


サンクスメール
 
フラワーショップ ハナヨシ 御担当者様、

とても綺麗にアレンジしてくださり、ありがとうございます。
故人もきっとよろこぶことと存じます。

今後またお願いすることもあるかと思いますが、
その節はよろしくお願い申し上げます。 



 
     
   葬儀の花へ   お悔やみのメッセージ例

 お花のギフト券を差し上げても重宝されます。)


どのお花にしようか迷うときは予算と好みの色合いでおまかせ頂いてもより綺麗に仕上がります。おまかせください




 ・・・お悔やみの花 お供えの花 贈り方のマナー・・・

法事、命日に贈る
遠方での法事にどうしても都合がつかなかったり、 お世話になった方のご命日にお花を差し上げたい
そんな時、お悔やみの花 お供えの花を贈って弔意の気持ちを届けます。 

花束でもいいですが、そのまま飾れるアレンジメントをお勧めします。
先方様はあたふたと落ち着かないでいるかもしれませんので、
アレンジメントのほうがそのまま飾れて、花瓶を探す手間をかけません。

お花の色合いは白上がり(白い花のみアレンジ)でなくて構いません。
最近は葬儀の花でも多少色花をいれる傾向です。
女性でしたらピンク系の花を入れたり、故人が好きだったお花を入れたりします。

お名札やメッセージカードも付けられます。
メッセージは長文を書くより簡素に弔意の気持ちをあらわすと良いです。


ご予算
お付き合いの度合いにもよりますが5000円〜20000円位
10000円位のお花の注文が多いです。
親しかった方へ、又親族の場合は立派に、他の場合はそれなりにというところでしょうか。

ご葬儀の通夜、告別式にお花を贈る・・
この場合、贈る前にへ「お花の受け取りが可能かどうか」を確認する事が大事です。
葬祭ホール 斎場は地域 場所によっては、「外部からのお花の受け入れ拒否」という所もあります。

施主様か葬儀を執り行う葬祭ホールや業者にお花を贈る旨を確認をしないと
せっかく贈っても「受け入れ拒否」になっては意味がありません。

又、葬儀が終わり落ち着いてから、ご自宅へお供えの花を届けてもいいです。
49日までは、あるいは納骨までは仏様にお花をきれいに飾っておきたいものです。

お花がなくなる頃、贈って差し上げるのも一考です。


法人、会社関係の方の贈り方も同様です
特に先方様の事情がきちんと把握できていない時は、あわてて贈るより
先方の会社に連絡を取り、お花を贈りたい旨を伝えてからのほうがいいです。

きちんと情報を確認してから動くのが確実です。
取り急ぎ電報を打つのもよし。
49日までの間に折を見て、お供えの花として贈るのもよしです。

別途、・ご仏前 ご霊前を包む場合
葬儀も済み仏様になってしまった場合の「のし」・・・ご仏前
通夜、告別式に差し上げる場合の「のし」・・・ご霊前


 


お悔やみの花のページへ戻る